IPOの連勝記録はアビストでストップ、あすも4社が新規上場

 この日、中古マンション再生販売事業のイーグランド<3294.T>、機械・機械部品の設計開発アウトソーシング業務を手掛けるアビスト<6087.T>が東証ジャスダック市場に、ビジネス・コンサルティング・サービスを提供するシグマクシス<6088.T>、建築家ネットワークの運営を主な事業とするアーキテクツ・スタジオ・ジャパン<6085.T>が東証マザーズ市場にそれぞれ新規上場した。このうち、アビストは公開価格(3450円)と同じ3450円の初値をつけ、初値が公開価格を上回るIPOの「連勝」記録がストップ。イーグランドは公開価格(3300円)を27.3%上回る4200円の初値をつけた。一方、マザーズ市場のシグマクシスは公開価格(3010円)を10円上回る3020円の初値をつけ、アーキテクツは公開価格(2050円)の2.2倍にあたる4600円の初値をつけた。
 あす19日には、9年ぶりの再上場となる大型の足利ホールディングス<7161.T>が東証1部に新規上場するほか、シンプロメンテ<6086.T>がマザーズ市場に、ダイキアクシス<4245.T>とウィルグループ<6089.T>が東証2部にそれぞれ上場する。2日間で8社のIPOが相次ぐことから資金需給面での懸念も強く、この日のアビストで連勝記録がストップしたこともこれを裏付ける結果になった。
 ただし、この日はシグマクシスは一時ストップ高の3720円まで買われるなど、初値形成後に急騰する銘柄もある。IPOの中でも投資家の選別色が強まっているだけに、引き続き注目度は高そうだ。

イーグランドの株価は14時4分現在3780円
アビストの株価は14時4分現在3330円
シグマクシスの株価は14時4分現在3610円
アーキテクツSJの株価は14時4分現在4675円

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)