小森コーポが大幅続伸、印刷機需要が国内外で増勢

 小森コーポレーション<6349.T>が大幅続伸。国内で印刷機の更新需要が顕在化している。海外では北米が好調なほか中華圏の回復も顕著。また、東南アジアも経済成長に合わせてにわかに需要増勢で、14年3月期は営業利益が前期比10倍強の60億円予想と急拡大見通しにある。一方、スマートフォンの普及加速と高機能化を背景に、タッチパネルに使用されるフイルムやガラスに幅の狭い配線を実装する配線印刷機に参入。端末の小型化と画面の大型化で液晶の縁部分の配線幅を縮めるニーズに対応し、来春をメドに発売する方向にあり、これも業容拡大に向けた材料として注目されている。

小森コーポの株価は15時現在1680円(△76円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)