家庭用蓄電池、音声暗号化野外システム陸自納品の技術力持つNEC<6701>

PBR1倍割れNECは評価不足
●NECどんな会社?

クラウドサービス、ソフトウエア開発では利用者に応じた入力候補を表示する文字入力支援システム、クラウドサービスではEV・PHV充電を「イオンモール幕張新都心」に提供開始など、日本を代表するITインフラ・ソリューション企業。病院ITシステムにもシェアが高い。
タイ、シンガポールなどとも取引活発。

●業績面の課題

特許売却収入などの利益が業績を底上げした場合とそうでない場合で、2014年度の業績に課題は残る。しかし、音声暗号化野外無線システムの陸自納入など重要技術を持つ同社の技術は株価面では評価不足。
 2013年3月期に4円復配ができ、今後、順調に安定的収益を上げられればPBR一倍割れ解消となろう。12月18日引け値は226円。

 月足、週足、日足とも過熱感なく、仕込みには向く位置。

株価目標として来年前半に向けまずは240円あたりを期待したい。