日本経済新聞 12月19日朝刊 新指数JPX日経400 連動型投信相次ぐ NISAの受け皿に・・・JPX日経400構成銘柄に注目

日経新聞半歩先読み
新指数JPX日経400 連動型投信相次ぐ NISAの受け皿に 日本経済新聞 1面

来年1月6日から算出がスタートする 新指数JPX日経400に連動する投信が相次いで販売されるとのことです。藤本も予想していましたが、1月6日の算出当日から、大和投信、DIAMアセットから販売されるとは、想定以上に素早い動きですね。昨日、藤本が日経CNBCに出演して、ご紹介したJPX日経400の割安中・小型株をご紹介しましょう。12月16日終値ベースでの東証1部全銘柄の予想平均PER16.16倍、実績PBR1.38倍より割安な銘柄で、時価総額の小さい順のランキングです。結構、意外な銘柄が構成銘柄となっており、投信の組入れ期待などで上昇が期待出来そうです。

選出条件 

予想連結PER 16,16倍以下
実績PBR 1.38以下
時価総額の小さい順

(9204) スカイマーク (東証1部) 351円 前日比  -2 (-0.56%) [売買単位:100株]
(5196) 鬼怒川ゴム工業 (東証1部) 512円 前日比  -5 (-0.96%) [売買単位:1,000株]
(7516) コーナン商事 (東証1部) 1,034円 前日比  +6 (+0.58%) [売買単位:100株]
(3315) 日本コークス工業 (東証1部) 130円 前日比  +2 (+1.56%) [売買単位:100株]
(7245) 大同メタル工業 (東証1部) 1,004円 前日比  -1 (-0.09%) [売買単位:1,000株]

今日も皆様に相場の福が授かりますように!!

※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。