FOMC のサプライズ!?

マーケットコンディション
昨日は、102.66円で始まると、FOMC待ちで、103円を挟みながら軟調に推移した。
FOMCが100億ドルの緩和縮小が発表されると、今後の米国金利の上昇期待や米景気好調と判断され104円台を突破し、104.36円の高値を付けた。その後も104円台を維持し104.21円でクローズをむかえた。

FOMC のサプライズ!?
テイパリング(緩和縮小)が行われるのは市場も織り込み済みであったが、今回のFOMCで発表されるのは予想外と推測する。しかも、ネガティブではなくポジティブに反応。FOMCにとっては、絶妙なタイミング、ナイスコントロールではないか。
問題は、どこまで上がるのか。104円を突破すると目標となるのが105円、そして、124.14円から75.31円の長期下落幅から61.8%戻しの105.48円近辺が取りざたされる。
マーケットは動いたが、クリスマスモードにはかわりない。もし、今週末から来週に大きな変化がない場合、30日31日と大荒れになるかもしれないので、大きなブレに注意が必要!

☆戦略
買い継続

ポイントレベル
105.48(124.14-75.311の61.8%)
105.00

103.00
102.30(101.62-103.39の61.8%)
102.14(12/11の安値)
102.00
101.62(12/5・12/6の安値)
101.14(11/25の安値)
99.94(11/22の安値)

注)本日の予想は12月19日9:40に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。