マツダが年初来高値、三菱UFJMSが投資判断を引き上げ

 マツダ<7261.T>が続伸し年初来高値を更新してきた。この日は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が18日付で、投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」とし、目標株価を500円から800円に引き上げたことが観測されている。為替前提の変更(1ユーロ125円→135円、1ドル=95円→100円)などで、同証券による14年3月期の営業利益予想を1650億円から1850億円へ、15年3月期を同1850億円から2200億円へ上方修正したことが要因。また、スカイアクティブが改めた評価されると判断している。

マツダの株価は9時40分現在497円(△15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)