<前場の注目銘柄>=学情、新卒売り手市場が追い風

 学情<2301.T>が調整一巡から再騰機運を高め、年初来高値1080円を射程に捉えてきた。

 合同企業説明会の「就職博」、20代の若手人材専門就職サイト「Re就活」、新卒学生向け就職情報サイト「学情ナビ」の主力3商品が好調だ。新卒採用市場は「買い手市場」から「売り手市場」へとシフトしており、苦戦する企業も増加。これが追い風となっている。

 特に最近のアンケートでは、学生が就職先を選択するための情報源として会社説明会の活用が第1位となっており、「就職博」へのニーズは上昇。会社側では開催回数を前期63回から14年10月期は66回を予定するが、引き合い好調で70回以上の開催が見込まれ、業績上振れが期待できる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)