ワイヤレスGが新値街道、権利取りの動き加速

 ワイヤレスゲート<9419.T>が大幅続伸で新値街道を走る展開となっている。同社は12月末時点の株主に対して1対2株の株式分割を実施すると発表しており、この権利取りの動きが上値追いの原動力となっている。スマートフォンやタブレット端末の加速的な普及に伴い外出先でのネット通信サービス需要が増勢にあり、無線ネット通信サービス、Wi-FiやWiMAXを展開する同社の成長シナリオが意識されている。先進国の中でもWi-Fiの普及の遅れが指摘される日本にとって通信網インフラの整備は必須だが、特に東京五輪を2020年に控え、整備進捗は喫緊の課題となっている。

ワイヤレスGの株価は10時34分現在5840円(△320円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)