<チャートの視点>=凸版、75日線をサポートラインに上値トライの可能性

 凸版印刷<7911.T>は、75日移動平均線(18日時点:784円)をサポートラインに上値トライの動きとなりつつある。12月3日に年初来高値848円をつけたあと、CB発行による希薄化を懸念した売りに押されたものの、75日線近辺では売り圧力が低下。9月以降の調整局面はいずれも75日線近辺で切り返し、高値を奪回する動きとなっているだけに、今回も同様の展開が期待されるところだ。
 なお、2014年3月期通期の連結業績見通しは、売上高が1兆5200億円(前期比1.2%増)、営業利益が350億円(同9.1%増)。上半期業績はフォトマスクの好調や円安の進行などを背景に増額修正されており、通期での修正にも期待がかかる。

凸版は11時28分現在813円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)