サンリオが反発、需給悪嫌気の売り一巡で押し目買い

 サンリオ<8136.T>が3日ぶり反発。ここ株価は調整色が強かったが、目先売り圧力が和らぎ、きょうは全般好地合いも味方に値ごろ感からの押し目買いが入っている。株式の売り出しによる需給悪化も一巡し、ファンダメンタルズ面の見直し機運が働いている。高利益率のライセンス収入が北米や南米に続きアジアでも拡大しており、今3月期も増収増益基調を確保する見通し。来期も成長トレンドの継続が見込まれ、株価の中期的な先高期待は失われていない。

サンリオの株価は11時22分現在4225円(△70円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)