アステラスが続伸、後発薬の価格引き下げ幅縮小で安心買い

 アステラス製薬<4503.T>が続伸。19日の日本経済新聞が「厚生労働省は後発薬(ジェネリック)の発売時の価格を新薬の6割に引き下げる新たな案を示した」と報じたことを受け、安心感から買いが先行したようだ。当初は5割に下げるとしたが、製薬業界が反発したため、下げ幅を縮小したと伝えている。ただ、厚労省は医療費削減につながる後発薬の価格を引き下げることで普及を促進したい考えで、需要は拡大していくと見られている。

アステラス薬の株価は11時30分現在6090円(△130円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)