JR東日本は底堅い、新津車両製作所のJ-TRECへの移管で注目

 JR東日本<9020.T>は小安い展開ながら、12月16日に8050円まで下落した後は、底堅い動きになっている。同社は18日、大引け後に14年4月1日を効力発生日(予定)として、会社分割により同社の新津車両製作所の車両製造事業を完全子会社である総合車両製作所(J-TREC)へ承継することを発表している。
 新津車両製作所では19年間で約4200両の車両を製造している。新津車両製作所を12年4月からグループに加わったJ-TRECに継承することで相乗効果を最大限に発揮、鉄道車両製造事業を「経営の第4の柱」として確立していく方針で、今後の展開が注目されよう。

JR東日本の株価は13時42分現在8310円(▼20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)