アマダなど工作機械株が連日人気、設備投資の一段の拡大に期待

 アマダ<6113.T>やオークマ<6103.T>など工作機械株が連日の人気化。アマダ、オークマはともに3日続伸で年初来高値に買われた。DMG森精機<6141.T>も新高値。16日に発表された日銀短観では大企業に加え、中小企業の景況感の改善も鮮明となっており、今後の設備投資拡大への期待が高まっている。また、不振だった海外向けも欧州や中国向けに明るさが見えている。業界団体調べによると工作機械受注は10月に1年半ぶりにプラスに転じており、新年に向けて一段と需要は盛り上がることが予想されている。

アマダの株価は13時49分現在921円(△11円)
オークマの株価は13時49分現在1156円(△43円)
森精機の株価は13時49分現在1788円(△59円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)