東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は3日続伸、シグマクシス、エンカレッジなどがS高

 19日の東証マザーズ指数は前日比9.77ポイント高の905.83と3日続伸。
 シグマクシス、エンカレッジ、ホットリンクがストップ高で引け、APLIXやネットイヤー、アライドアーキテクツ、ビリングシステム、アドウェイズは値を飛ばした。半面でドリームバイザーが値を崩し、YAMATOやフルスピード、サイオス、ミクシィも売られた。
 この日上場のシンプロメンテは公開価格950円に対し2235円で初値を付け、2490円まで上昇したが、その後売りが優勢になり2063円と安値で引けた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)