今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 石川久美子

今夜の注目材料は?
本日19日の東京市場のドル/円は、前日に米量的緩和の縮小を受けたドル高の流れの中、早朝に104.361円と年初来高値を更新。しかし、次第に利食い売りが強まり、その後は104円ちょうどを挟んでの攻防が続いています。

12/19(木)
18:00☆(日) 安倍晋三首相講演
18:00 (ユーロ圏) 10月経常収支
18:30☆(英) 11月小売売上高指数
22:30☆(米) 週次新規失業保険申請件数
24:00☆(米) 12月フィラデルフィア連銀景況指数
24:00☆(米) 11月中古住宅販売件数
27:00 (米) 7年債(290億ドル)入札
-----  (ユーロ圏) EU首脳会議(20日まで)
※☆は注目の材料

まずは、前日のFOMCの決定を受けて欧州勢がどのように動くかが注目です。

安倍首相の講演については、特に目新しい材料は出てこないと見られていますが、海外勢を中心に何らかの追加政策を期待する声もあると言われており、新鮮味に欠ける講演になった際のドル/円失速には警戒が必要かもしれません。