首都圏直下地震 感震ブレーカー配備提言・・・配電盤で大手はココ!!

日経新聞半歩先読み
首都圏直下地震 感震ブレーカー配備提言 日本経済新聞 総合1 

政府が、首都圏直下型地震に備えて、非常事態に優先する業務継続計画(BCP)を作ると発表したとの記事です。その中で、被害想定が出ているのですが、被害の7割は火災によるものになるとのことです。火災を減少させるには出火防止が重要だとして、「感震ブレーカー」の100%配備が指摘されています。配電盤に組み込むタイプだと1個数万円程度ですが、電力会社が配備し費用を電気料金に上乗せすることを含めた新しい制度を検討するとのことです。

コレが決まると、「感震ブレーカー」メーカーは、大特需です。首都圏数千万の家庭に数万円の「感震ブレーカー」をすべて売れるということになるからです。

パナソニックなどの家電メーカーも製造しているようですが、全体の売上に占める比率は小さいので、専業メーカーにより大きな影響がありそうです。

配電盤関連製造が売上高の9割以上を占めるのは、

(6651) 日東工業 (東証1部) 1,620円 前日比  +33 (+2.07%) [売買単位:100株]