サンワドーは小動き、第3四半期決算および通期見通しを発表

 青森や秋田、北海道でホームセンターなどを展開するサンワドー<7430.T>は小動き。同社は19日に、2014年2月期の第3四半期決算(累計)を発表した。売上高は235億2900万円(前年同期比0.8%増)、経常利益は4億9600万円(同31.2%減)、最終利益は2億7700万円(同28.8%減)となった。新規出店の効果で売上高が微増となった一方、経費面で人件費や水道光熱費が増加。加えて、新規出店や店舗改装などによる減価償却費や修繕費、販売用消耗品費が増加したことが減益につながった。
 また同時に2014年2月期通期の業績見通しについても発表。売上高は330億円(前期比5.8%増)、経常利益は11億円(同13.0%増)、最終利益は5億5000万円(同5.1%増)と従来予想を据え置いている。

サンワドーの株価は10時26分現在699円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)