中国塗が3日ぶり反発、耐久性4割向上の船舶エンジンの台座固定樹脂開発と報じられる

 中国塗料<4617.T>が3日ぶりに反発。きょう付の日経産業新聞で、船舶エンジンを台座に固定する素材として、他社製品より約4割耐久性を高めた樹脂を開発し、サンプル出荷を始めたと報じられたことを材料視。記事によると、樹脂はエンジンと台座との隙間に流し込み固定するというもの。エンジンのずれは大事故につながるため、信頼性の高い素材が求められており、エンジンのような重量物を長期間載せても劣化しにくく、衝撃で引っ張られる力に対する強度も他社製品より優れていたと伝えられていることから、今後の需要増に期待した買いが入っているようだ。

中国塗の株価は11時20分現在530円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)