第一三共は小安い、抗凝固剤エドキサバンの効能追加申請

 第一三共<4568.T>は小安い。同社は19日大引け後、現在、日本で販売している抗凝固剤(経口FXa阻害剤)リクシアナ錠(一般名・エドキサバントシル酸塩水和物)について、日本を含む国際共同試験として実施したENGAGE AF-TIMI 48試験とHokusai-VTE試験の結果に基づき、非弁膜性心房細動と静脈血栓塞栓症の適応症で承認申請を行ったことを発表した。欧米でも13年度中に両適応症で承認申請を行う予定。
 心房細動は、脳卒中を引き起こすことのある病気で、先進国では、約1~2%が罹患している疾患。また、静脈血栓塞栓症も致死的状況をもたらす疾病であることから、早期承認への期待が高まりそうだ。

第一三共の株価は11時19分現在1888円(▼1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)