昭和シェルは底堅い、宮城でのCIS薄膜太陽電池工場建設で期待

 昭和シェル石油<5002.T>は小反落ながら1000円トビ台で底堅い動き。同社は19日、子会社のソーラーフロンティアがCIS薄膜太陽電池工場「(仮称)東北工場」の建設を決定したことを発表している。
 今回、東北工場で導入される最新の量産技術は、従来よりも高性能な製品で効率的に生産することを可能にしている。その結果、変換効率を向上させた高性能CIS薄膜太陽電池モジュールを、世界トップクラスの生産コストで実現可能になる。
 宮城県黒川郡大衡村 第二仙台北部中核工業団地に約130億円を投じ建設、15年3月までに稼働を予定している。海外への販売を拡大していくことを見据え、海外生産拠点を展開するためのモデル工場としての役割も担っていることから、今後の展開が期待されそうだ。

昭和シェルの株価は11時23分現在1099円(▼11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)