マツダが後場一段高で5年3カ月ぶりの500円台乗せ

 マツダ<7261.T>が後場一段高で2008年9月以来の500円台乗せを果たした。円相場の一段安による輸出採算の改善期待や欧州など海外販売の好調などから物色人気が高い。18日付で、投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」とし、目標株価を500円から800円に引き上げた三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、14年3月期の営業利益を1850億円、15年3月期を同2200億円と予想。スカイアクティブ搭載車の販売拡大などを見込んでいる。

マツダの株価は13時38分現在506円(△15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)