日清食HDが4日続伸、中国でのカップヌードル販売増戦略を評価

 日清食品ホールディングス<2897.T>が4日続伸。同社は、この日午前11時50分に中国で販売しているカップ麺「合味道」(カップヌードル)の販売増に対応するため、香港子会社の日清食品有限公司(香港日清)が広東省東莞市に包装資材を生産する子会社を設立。加えて、福建省厦門市に「合味道」の生産子会社を設立すること発表した。
 中国ではカップ麺が所得の向上やライフスタイルの変化を背景に伸張。特に「合味道」は都会的でスタイリッシュなイメージと美味しさから、沿岸都市部を中心に人気を集めている。
 4月30日に発表した「日清食品グループ中期経営計画2015」で15年度に約1000億円の海外売上高を目標として掲げており、今回の子会社設立で中期計画達成への期待が高まりそうだ。

日清食HDの株価は13時44分現在4295円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)