兼房が後場一時マイナスに転じる、14年3月期純利益予想を下方修正で

 兼房<5984.T>が後場一時マイナスに転じる。午後2時10分に14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高164億円(前期比7.9%増)、営業利益7億8000万円(同13.0%減)はそのままに、純利益のみ従来予想6億8000万円から2億3000万円(同67.8%減)に下方修正したことを嫌気した売りに押された。本社工場敷地内の一部土地で過去に埋め立て処分した産業廃棄物による土壌汚染が判明したことから、土壌改良工事費用の見積り額7億1700万円を環境対策費として特別損失に計上することが要因としている。

兼房の株価は14時22分現在600円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)