富士通が後場一段高、インドネシア海底ネットの高速化を実現

 富士通<6702.T>が後場一段高。この日午後に、インドネシア国内の海底ネットワークシステム「ジャカトゥラデマ」において、回線1波長あたりの容量を従来の毎秒10ギガビットから、毎秒100ギガビットへと高速化を実現したと発表しており、これが材料視されている。スマートフォンなどの普及に伴い拡大する情報量に対応できるようになるとしており、今後の受注獲得への好例になるとの期待が高まっているようだ。

富士通の株価は14時39分現在528円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)