キヤノンしっかり、シティ証は「中立」に引き下げ、今期業績は再減額修正の公算も

 キヤノン<7751.T>はしっかり。シティグループ証券は19日、投資判断を「買い」から「中立」に引き下げた。目標株価は3600円から3500円とした。デジタルカメラや複写機が軟調に推移しており、同証券では「2013年12月期は為替の円安で100億円強の増益要因があるが、それでも今期営業利益は公表計画の3600億円を下回る」と予想。今期営業利益は3490億円(前期比7.8%増)と一段の下方修正を見込んでいる。また、株主還元面では過去25年減配したことがない点は評価点だが「自己株取得に関しては追加取得よりも(過去に実績のない)『消却』が行われる場合に材料視されそうだ」と指摘している。

キヤノンの株価は15時現在3325円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)