NECキャピが14年3月期業績を上方修正、減収減益から一転し増収増益予想へ

 NECキャピタルソリューション<8793.T>がこの日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高2100億円、営業利益65億円、純利益30億円から、売上高2300億円(前期比0.3%増)、営業利益170億円(同86.2%増)、純利益50億円(同15.4%増)に上方修正した。減収減益予想から一転して増収増益予想となる。賃貸料収入の増加に加え、リサ事業でのファンド収益の増加で売上高が想定を上回る見込みのほか、与信コストの減少やファンド収益の計上があったことが利益の増額に寄与したという。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)