東光が13年12月期業績予想を増額、最終利益25億円に

 東光<6801.T>は20日、13年12月期通期の連結業績予想の修正を発表した。売上高は従来予想の324億円から325億円(前期比21.1%増)に、営業利益は31億円から33億円(同2.7倍)に、最終利益は19億円から25億円(同20.8倍)に増額した。売上高はほぼ想定通りだったが、生産性改善や固定費削減の効果などが利益を押し上げた。また、期末配当も従来予想の0円から3円とし、復配に漕ぎ着けている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)