中国、止まらぬ液晶増産・・・部材関連の専門商社に注目!

日経新聞半歩先読み
9:14 画像追加

中国で液晶増産が止まらないとの記事です。相手が増産するから、自分も増産との悪循環になっています。液晶完成品メーカーに関しては、競争激化、単価下落で収益が厳しそうです。完成品メーカーよりも、部材メーカーの方が、恩恵を受けそうです。

しかし、部材メーカーも日東電工が急落したように、競争激化に伴い、スマートフォン(スマホ)用部品の価格が下落していることなどが利益を圧迫する可能性があります。
単純に数量増で儲かるのは、専門商社では?

(8098) 稲畑産業 (東証1部) 現在値 1,110円 前日比  0 (0.00%) [売買単位:100株]
化学専門商社 液晶部材関連に強みを持っています。価格下落でも数量増で金額は大幅増。
価格下落でメーカーは採算悪化しますが、商社はマージン(手数料)ビジネスなので、金額が増えれば収益増加。

今日も皆様に相場の福が授かりますように!!

※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。