藤倉ゴムがS高カイ気配、東工大と新型電池を共同開発と報じられる

 藤倉ゴム工業<5121.T>がストップ高カイ気配。22日の日本経済新聞で、「海水に豊富に含まれるマグネシウムを電極に使う新型の電池を矢部孝・東京工業大教授らの研究チームが開発」と報じられており、これを共同開発したと紹介されていることが好材料視されている。記事によると矢部教授は、藤倉ゴムと共同で薄いフィルム状のマグネシウムをロール状に巻き、テープレコーダーのような仕掛けで少しずつ送り出して塩水と持続的に反応させ、塩水を交換しなくても長時間使える電池を実現したという。既にこの電池を動力とする車の走行試験に成功したとしており。今後の製品化などへの期待感から買われているようだ。

藤倉ゴムの株価は9時49分現在520円(△80円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)