キッセイ薬は新高値、通期業績予想で営業利益47%増を好感

 キッセイ薬品工業<4547.T>が急反発。株価は一時、258円高の2550円まで買われ、12月9日につけた年初来高値2376円を更新している。同社は24日午前9時、14年3月期通期連結業績予想の修正を発表した。売上高は従来の655億円から686億円(前期比9.8%増)へ、営業利益は83億円から114億円(同46.9%増)へ、最終利益は64億5000万円から85億5000万円(同70.4%増)へそれぞれ上方修正した。
 同社が創製した痛風・高尿酸血症治療薬について、日本を除く全世界での独占的開発、販売権をファイザー社に許諾する契約を締結したことから、この契約に基づく契約一時金を今14年3月期の売上高・利益に計上することから上方修正に至った。

キッセイ薬の株価は10時11分現在2421円(△129円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)