T&CHDが一時ストップ高、再生因子を使った再生医療に関する業務を開始

 T&Cホールディングス<3832.T>が一時、ストップ高まで買われる場面があった。同社は20日に、クオリーメン(東京都町田市)およびジェネシス(東京都中央区)と業務提携し、「再生因子を使った再生医療」に関する業務を開始すると発表した。
 クオリーメンは10日に、南東北病院グループと共同で肝硬変や糖尿病を対象に「再生因子を使った再生医療」の臨床試験を2014年春から開始することを発表しており、その関連特許を出願中。一方、ジェネシスはクオリーメンと当該特許の専用実施権に関する契約を締結している。T&Cでは「再生因子を使った再生医療」が現段階で安全に実用化できる数少ない再生医療であると判断し、今回の業務提携に至ったとしている。

T&CHDの株価は10時19分現在395円(△24円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)