王子HDが高値、生活産業資材と機能材の競争力強化に関する施策を評価

 王子ホールディングス<3861.T>が5日続伸、一時前日比17円高の527円まで買われ年初来高値を更新した。同社はこの日午後1時に事業構造転換の推進の一環として生活産業資材事業と機能材事業の競争力強化に関する施策を発表した。
 王子マテリア富士工場の効率的な生産体制構築と環境負荷低減を目的に、富士第一工場のN-1 号抄紙機(2011年停止)を改造・再稼動し中芯原紙を生産し、富士第二工場の10号抄紙機を停止。加えて、白板紙・その他板紙を製造する王子エフテックス東海工場富士宮製造所の抄紙機2台を停止し、白板紙製品の生産・販売を王子マテリアへ移管、感熱紙の生産集約を行なうもの。これら施策によるコスト削減効果は年間50億円となる見込み。

王子HDの株価は13時37分現在525円(△15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)