<チャートの視点>=KIMOTO、900円近辺でサポートラインを形成

 KIMOTO<7908.T>が900円近辺でサポートラインを形成している。10月30日に年初来高値1187円をつけたあと、翌31日に第2四半期決算が発表されたのをきっかけに調整局面入り。第2四半期決算は増収増益ながら当面の材料出尽くしと受け止められ、11月5日には898円まで売り込まれた。ただ、この水準では下げ渋りをみせ、もみ合いながら下値抵抗ラインを形成。足もとでは5日移動平均線(20日時点:905円)と25日移動平均線(同:918円)のゴールデン・クロス(GC)が視野に入り、上放れする可能性が出てきている。
 なお、2014年3月期の連結決算見通しは、売上高が230億円(前期比2.7%増)、経常利益が29億円(同10.0%増)、最終利益が17億2000万円(同16.9%増)。スマートフォンやタブレット端末の普及加速を背景に、タッチパネル用ハードコートフィルムを中心としたFPD(フラットパネルディスプレー)向け戦略製品群が好調に推移している。

KIMOTOは14時30分現在899円(▼17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)