<チャートの視点>=加藤製、5日線が25日線に続き75日線を上抜け

 加藤製作所<6390.T>は19日に、5日移動平均線(20日時点:631円)が25日移動平均線(同:625円)を突破。20日には5日線が75日移動平均線(同:629円)を上抜いた。また、20日には一目均衡表で、株価が先行スパン1(20日時点:647円)と先行スパン2(同:617円)で囲まれた範囲(雲)を抜けてきており、チャート妙味が高まっている。10月30日に年初来高値702円をつけたあとは調整入りとなっていたが、11月20日安値602円と12月16日安値595円で当面の底を確認し、再び上値トライの様相を強めつつある。
 なお、同社は建設用クレーンや油圧ショベルなどを手掛けており、買い替え需要や復興需要などが追い風。2014年3月期通期の連結業績見通しは、売上高680億円(前期比17.0%増)、経常利益51億円(同2.3倍)、最終利益30億円(同82.2%増)と予想されている。

加藤製は15時00分現在637円(▼13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)