今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 石川久美子

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場は朝、年初来高値を更新するなど堅調な日経平均を眺めて104.40円台まで上昇。しかし、午後に日経平均が失速すると、ドル/円も上げ幅を縮めました。この後の展開について、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

12/24(火)
22:30☆(米) 11月耐久財受注
23:00 (米) 10月住宅価格指数
24:00☆(米) 11月新築住宅販売件数
24:00☆(米) 12月リッチモンド連銀製造業指数
※☆は特に注目の材料

明日にクリスマスを控え、市場参加者の多くが既に休暇入りしています。ドイツは休場、英国や米国も短縮取引です。そのため、基本的には積極的な取引はないものと考えられます。

ただ、瞬間的にでも動く可能性があるとすれば、米経済指標発表のタイミングでしょう。本日発表の米11月耐久財受注や米11月新築住宅販売件数などの結果には特に注目です。