25日の株式相場見通し=利益確定売り先行で反落のスタート

 25日の東京株式市場は、前日までの大幅上昇の反動もあり、利益確定売りが先行する展開となりそうだ。きょうは、株式譲渡益課税の優遇税制が適用される年内最終売買日とあって、個人投資家からの駆け込み的な売りも想定される。24日の米国株式市場は、NYダウ平均株価が前日比62ドル高の1万6357ドルと5日続伸し、連日で終値ベースの過去最高値を更新した。外国為替市場では、1ドル=104円30銭台での推移となっている。
 日程面では、寄り前に日銀から11月の企業向けサービス価格指数が発表となる。また、午後には黒田日銀総裁が経団連で講演を行う。このほか経産省から1~3月期の鋼材需要見通しが出るほか、11月の自動車各社の生産販売実績が発表される。なお、海外では米国、欧州、豪州のほか、アジア株市場も総じて休場となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)