◎欧米外為市場サマリー

 24日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=104円25~26銭と前日に比べ10銭強の円安・ドル高。対ユーロでは、1ユーロ=142円62~66銭と同7銭の円安・ユーロ高だった。 
 クリスマス休暇シーズンということもあり、全般相場は104円30銭前後での小動きだった。この日発表された米11月耐久財受注は前月比3.5%増と市場予想(同2.0%増)を上回ったほか、米11月新築住宅販売件数も46.4万件と市場予想(44.0万件)に比べ増加した。NYダウが史上最高値を更新するなか、全般円売り・ドル買いが強まった。米長期金利が2.95%へ上昇し3%に接近したことも、日米金利差拡大からの円安・ドル高要因となった。
 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.3676~77ドルと同0.0017ドルのユーロ安・ドル高だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)