アオキスーパーが小幅続伸、14年2月期業績予想の上方修正を好感、期末に記念配実施

 アオキスーパー<9977.T>が小幅続伸。24日の取引終了後、14年2月期の単独業績見通しを従来予想の売上高952億8000万円、営業利益6億円、純利益3億2000万円から、売上高960億円(前期比4.0%増)、営業利益8億4000万円(同43.8%減)、純利益4億2000万円(同46.6%減)に上方修正したことを好感する買いが入っている。店舗の新設や既存店のリニューアルを実施したほか、顧客を対象とした食品メーカーとの共同企画によるIHクッキング教室の開催などの実施が奏功し売上高が想定を上回ったほか、費用削減に努めたことが奏功したという。また、従来10円を予定していた14年2月期の期末配当に株式上場20年記念配当2円50銭を加えて12円50銭とし、中間配当を合わせた年間配当を22円50銭(従来予定20円、前期20円)にすると発表したこともプラス評価されている。
 同時に、自社株式150万株(消却前発行済み株式数の10.71%)を来年2月20日付で消却すると発表した。

アオキスーパーの株価は9時18分現在808円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)