セブン&アイが反発、雑貨のフランフラン運営会社の株式50%弱を取得と報じられる

 セブン&アイ・ホールディングス<3382.T>が反発。きょう付の日本経済新聞で、雑貨専門店「フランフラン」を運営するバルス(東京都渋谷区)に出資すると報じられたことを材料視。記事によると、来年1月に第三者割当増資の引き受けなどで50%弱の株式を取得するとしている。セブン&アイのショッピングセンター「アリオ」やイトーヨーカ堂、そごう・西武のテナントにフランフランを入れ、若い女性の集客を高めるとしているほか、バルスのノウハウを生かして雑貨の独自商品も共同開発する計画としている。

セブン&アイの株価は9時28分現在3990円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)