ミクシィが続急騰、滞留出来高の抵抗帯突破し一時7000円台

 ミクシィ<2121.T>が続急騰、前日に値幅制限いっぱいに買われた余勢を駆ってきょうも短期資金が流入、900円高の7130円まで買われる人気となった。スマートフォン向けゲームアプリ「モンスターストライク」のヒットを起爆剤に株価は12月10日には9060円の高値をつけたが、需給先行で上昇一辺倒だっただけにその後の反動安も厳しいものとなっていた。12月16日に高値から54%の下落となる4130円まで売られたところでようやく底入れ反転に転じたが、そこからは戻り売り圧力を吸収し順調な切り返しをみせている。株式需給面では12月13日申し込み現在で信用買い残が140万9000株と増加傾向を続けているが、滞留出来高の厚い6500~6600円ゾーンを抜いてきたことから上値が軽くなっている。20日にディー・エヌ・エー<2432.T>と共同運営するECサイト「mixiモール」を来年3月に閉鎖すると発表するなど不採算事業リストラへの踏み込みも評価されているもようだ。

ミクシィの株価は9時48分現在6900円(△670円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)