小野薬が新高値、抗がん剤「Nivolumab」の申請を好感

 小野薬品工業<4528.T>が新高値。同社は24日、抗がん剤「Nivolumab」(ニボルマブ)の悪性黒色腫に対する製造販売承認を申請したと発表。期待の抗がん剤の国内申請を好感する買いが流入している。悪性黒色腫は皮膚がんのひとつで、ニボルマブは、非小細胞肺がんや腎細胞がんなど複数のがん腫に対する有効性が期待されている。シティグループ証券では、同薬の申請に対して「ポジティブなニュース。国内での承認は2014年後半がみえており、2014年に日本および米国で承認される可能性が高まった」と24日のリポートで指摘。同証券は、同社の投資判断を「買い」、目標株価を1万円としている。

小野薬の株価は10時24分現在8690円(△130円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)