カイオムが反発、中外製薬との共同研究契約期間延長を好感

 カイオム・バイオサイエンス<4583.T>が反発。同社は24日、大引け後に中外製薬<4519.T>との共同研究契約を14年12月31日まで1年間延長することを発表、これを好感する動きとなっている。同社と中外製薬は08年11月に中外製薬の保有する複数の標的タンパク質に対するモノクローナル抗体作製に関して共同研究契約を締結している。今回の共同研究契約期間延長で、モノクローナル抗体分野での研究進展が期待される。

カイオムの株価は10時31分現在3195円(△195円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)