東洋紡が軟調、岡三証券が「強気」から「中立」へ引き下げ

 東洋紡<3101.T>が軟調な動き。岡三証券が24日付でレーティングを「強気」から「中立」へ引き下げている。神経再生誘導チューブの中長期的な成長性は評価しているものの、包装用フィルムの原料高や液晶パネル用汎用フィルムの低迷を指摘。同証券では今14年3月期通期予想を連結営業利益で会社側計画と同様の220億円(前期実績170億8100万円)から205億円、来期予想を270億円から250億円へ引き下げている。

東洋紡の株価は13時24分現在185円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)