C&R社が後場上げ幅を拡大、アパレル向け人材サービスの連結子会社化を好感

 クリーク・アンド・リバー社<4763.T>が後場上げ幅を拡大。前引け後に、アパレル向け人材サービスを展開するインター・ベル(東京都新宿区)の第三者割当増資を引き受け、連結子会社化すると発表したことを好感した買いが入っている。インター・ベルが新たに発行する1万3000株を9984万円で取得し、発行済み株式数の90.9%を保有することになる。C&R社では、今期より新たにファッション分野での事業展開を開始したが、今回のインター・ベルの連結子会社化で、同事業の加速的な成長への期待が高まっているようだ。

C&R社の株価は13時45分現在435円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)