ブラザーが新値街道、ユーロ高で増額余地膨らむ

 ブラザー工業<6448.T>が続伸、連日の年初来高値に買われている。プリンターやFAXなどデジタル複合機を主力に業績は好調。海外売上高比率が77%と高く、最近の円高修正の動きは心強い利益押し上げ材料だ。同社の下期想定為替レートは1ドル=95円、1ユーロ125円だが、ユーロ向けで為替メリットが大きい収益構造が特長。「対ユーロ1円の円安で営業利益は7億円の上乗せ効果」(準大手証券系調査機関)が試算されている。14年3月期営業利益は350億円(前期比17.5%増)だが、大幅な増額余地に期待する声も強まっている。

ブラザーの株価は14時1分現在1372円(△18円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)