キヤノン電が13年12月期業績予想を下方修正、カメラ関連製品が想定を下回る

 キヤノン電子<7739.T>がこの日の取引終了後、13年12月期の連結業績見通しを従来予想の売上高1110億円、経常利益120億円から、売上高990億円(前期比6.1%減)、営業利益110億円(同3.3%増)に下方修正した。欧州経済の停滞や新興国経済の減速感などを背景に、コンパクトタイプおよびレンズ交換式タイプのカメラ関連製品の販売が想定を下回る見込みであることが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)