ウィズが14年5月期業績予想を下方修正、年末・クリスマス商戦の苦戦が響く

 ウィズ<7835.T>がこの日の取引終了後、14年5月期の連結業績見通しを従来予想の売上高26億5000万円、営業利益1億200万円、純利益8200万円から、売上高16億5000万円(前期比24.5%減)、営業損益1億円の赤字(前期2500万円の黒字)、純損益1億300万円の赤字(同1900万円の黒字)に下方修正した。上期に「たまごっち」など主力OEM製品シリーズが堅調に推移した一方、オリジナル商品は年末・クリスマス商戦に向けた出荷が低調に推移したことに加えて、下期のOEM製品の受注の見直し、オリジナル商品の発売計画の見直しなどを行ったことが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)