<前場の注目銘柄>=日本金銭、海外事業好調で増額公算大

 日本金銭機械<6418.T>の押し目は拾っておきたい。

 言わずと知れたカジノ関連の代表的銘柄の一つだが、好実態も評価できる。9月中間期は営業利益が前年同期比14%増を達成。国内遊戯機市場はこの2年間好調が続いたパチスロ人気の一段落でホールの投資意欲が減退したが、北米では税収増を図る州の増加で競馬場などにスロットマシンを併設するケースが増えたことが追い風。欧州ではカジノパーラー店舗に設置の懸賞付きゲーム機などが好調だった。

 14年3月期は営業利益で前期比41%増益を見込むが、海外の好調で増額の公算大。下期の想定為替レート1ドル=98円、1ユーロ=128円も上振れ要因となろう。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)