大手鉄鋼株が総じて高い、経済産業省が1~3月の粗鋼需要量4.6%増と5期連続増加を予想

 新日鉄住金<5401.T>、JFEホールディングス<5411.T>をはじめ鉄鋼株が総じて高い。実質新年度相場入りで全般買いが先行するなか、25日に経済産業省が発表した13年度第4四半期(14年1~3月)鋼材需要見通しで、粗鋼需要量が2785万トンと前年同期比4.6%増と5期連続増加を予想したことが買い気を盛り上げた。普通鋼鋼材輸出はアジア地域の市況低迷で伸び悩むものの、国内は自動車を中心に製造業向けが増加、住宅向けも底堅く推移すると予想している。

新日鉄住金の株価は10時34分現在344円(△5円)
JFEの株価は10時34分現在2427円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)