日電硝が反発、超薄板ガラスで樹脂を挟んだ新素材を開発と報じられる

 日本電気硝子<5214.T>が反発。きょう付の日経産業新聞で、超薄板ガラスで樹脂を挟んだ新素材を開発したと報じられたことを材料視した買いが入っている。記事によると、傷がつきにくく、耐熱性も高い一方、重さは約半分になるとしていることから、スマートフォンの画面に使うガラスなどの用途が見込まれ、業績への寄与が期待されているようだ。

日電硝の株価は13時21分現在546円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)